page_top

ライターの声

第3弾は「エクスナレッジ」の美人編集長、木藤阿由子さんのご登場です!

美人編集長(左)と清水

 *理科系工務店・参創ハウテック*

 「優秀工務店」では表現しきれない工務店があります。東京・文京区の参創ハウテックです。
 先日開催された野池学校・東京校では、事務局をやっておられました。

 100名近くが集まる会を運営するのは、決して楽なことではありません。しかも、お客さんではなく、ライバルでもある同業者のための会です。なぜ、そこまで・・・?
 野池学校・東京校の第1回に参加したときから、不思議に思っていました。
 その答えは、清水康弘社長が「新建ハウジングプラス1」(2010/11)に寄稿した記事のなかにありました。その名も・・・

 「理科系工務店」のススメ

 理科系・・・?気になります。

 「これからの工務店のあるべき像とは、理科の基礎知識をもっと深め、自然や物事の道理を見極めること。そのうえで向かうべき方向は、工学に近づくこと・・・(略)」(寄稿記事より抜粋)
 社長は地域工務店が、ハウスメーカーや大手家電量販店などの新規参入企業に立ち向かうには、理科的知識を身につけることが必要だというのです。

 理科的知識???
 住宅の???

 「たとえば結露などの現象をとらえて、その理屈を理解し、数字やデータで根拠を示す」というようなことでしょうか。

 この「住宅の理科」を提唱するのが、野池政宏氏です。
 家づくりを理科でひも解く。
 なんかおもしろそうですね。
 ビルダーズ4号(2011年2月27日発売)で、企画してみようと思います。

 清水社長、「工務店のための理科」について今度、お話を聞かせてください。
 これからも建築知識ビルダーズをよろしくお願いいたします!

2010年 秋夏 エクスナレッジ「建築知識ビルダーズ」編集長  木藤 阿由子

「建築知識ビルダーズ」美人…編集長の有言実行!?日記(大好評運営中です)