連載「デュアルライフ」

SECOND BASE

プランニング

 間取りの具体的なイメージは、もともと持っていた。平面上は正方形にすることで建築コストを下げることを念頭においていた。(同じ面積であっても正方形と長方形では外周長さが異なる。例えば4平方メートルが正方形であれば2x2、外周長さは8メートルとなり、長方形であれば4x1で、外周長さが10メートルになる。)正方形にすることで外壁面積や基礎の長さなどを軽減でき、コストコントロールがしやすくなるからだ。
 正方形で切り妻屋根の家、正面から見たときは2階建てというより平屋に見えた方が周囲の景色とも調和するのではないか。
玄関の木製開き戸を開けると、脇に大型収納、その反対は土間に見立てたタイル張りのリビング、天井は大きな吹抜けが良い。 キッチンは対面型もしくはアイランド型にして、ダイニングと繋がりを持たせたい、頭の中を整理して山口さんに伝えるためにゾーニングをメモ用紙に描いて渡した。山口さんにしてもまるで自分のセカンドハウスをつくるようなモチベーションで対応してくれているのが何よりも有り難い。
 一週間ほどでイメージしていたプランが出来上がった。設えに使う素材や設備、さらに断熱性能などの温熱環境は後で考えることにして、役所への申請手続きを優先することにした。実はこの地域は別荘管理上の協定がある程度で確認申請が必要ない場所なのだ。
 都内で家を建てるとなると、建築基準法を順守するだけでは事足らず、地域安全協定など厄介な縛りがあって、建物の形状や屋根の勾配などが厳しく制限される。都内で実績を積んだ設計者でなければ家は建たないのである。

プランのスケッチ

・・・つづく

東京で家を建てるなら・・・
新築、リフォーム、メンテナンスのことなど、
ご相談は参創ハウテックへ。 お問合せフォーム -お気軽にご相談ください-