パッシブ冷暖

SANSOH LABO

パッシブ冷暖

「パッシブ冷暖®」とは、1台の床下エアコンで家全体を冷暖房する方法です。
「パッシブ冷暖®」では、エアコンから出る温風や冷風を、工夫された装置とダクトを使って床下に送り込みます。床にはガラリを設け、ゆっくりとファンを回して床下の空気が室内に出てくるようにしています。その風はほとんど感じません。必要に応じて壁にもガラリを設け、ファンによって床下の空気が室内にゆっくりと出てくるようにしています。
一般的な床下エアコンでは場所ごとの温度ムラができてしまうことが多いのですが、「パッシブ冷暖®」はシンプルなシステムでその課題を解決しました。

「パッシブ冷暖®」を採用されたお客様から、実際に暮らしてからのご感想をお寄せ頂きました。

お客様の声
お客様の声

コンセプト-ミニマムで最適な暖冷房システム- パッシブデザインを考えていない建物 パッシブデザイン+パッシブ冷暖の建物

パッシブ冷暖は、パッシブデザインの手法を適切に取り入れた建物に導入することを前提とした最小最適な冷暖房システムです。
上図の太い曲線は、パッシブデザインを考慮していない建物の室温の変化です。こうした建物では、夏は外気温に合わせて室温が上がり、反対に冬は室温が下がります。そうした気象に左右される温度環境を、空調機器で強引に快適な範囲に誘導していることが分かります。こうした方法では冷暖房の負荷は大きくなり、エネルギーの消費量が増え、光熱費も嵩んでしまいます。
一方、パッシブデザインを用いた建物の室温が破曲線(点線)です。建物の断熱(保温)性能を高め、周辺の自然エネルギーを利用できれば、小さなエネルギーの空調機器で快適な暖涼感を得られます。そうした最小で最適な冷暖房システムとして考えられたのがパッシブ冷暖なのです。

最小で最適な冷暖房システム 床暖房との違い

床暖房のような輻射熱を利用して足元から暖める暖房設備は快適です。パッシブ冷暖も足元から暖めるシステムですが、一般的な床暖房とは考え方が異なります。
一般的な床暖房は、床の直下に電熱線を敷くか、ポリエチレン管を設置して湯を循環させて床を暖めます。ただし、温度が上がるのは配管や熱線がある部分だけなので、部屋の隅は冷たいままです。また、設置コストが高いので、LDKなどに限定して設置するのが一般的です。
一方、パッシブ冷暖は、エアコンによる温風を床下の分配ボックスとダクトを介して振り分け、床下全体に暖気を溜めます。そのため床全体の表面温度が高くなり、一般的な床暖房より快適性の高い環境がつくれるのです。

冷房と暖房の仕組み

夏のパッシブ冷暖はエアコンによる冷風を床下に吹き込みます。継続的に冷気を送り続けると床下全体が冷たくなりますが、最終的には足元が冷たくなりすぎて不快と感じるようになります。
これを解消するためには、床下に溜まった冷気を天井に近い場所まで吸い上げて、ゆっくり吐き出す工夫が必要になります。冷気の通り道として間仕切り壁などの床下とつながった隙間を使います。
こうすることで、床の表面温度が極端に下がることがなくなり、エアコン独特の気流による不快感のない、凛とした室内環境を創出でき、補助冷房として最適です。

床下エアコンとの違い

「パッシブ冷暖®」は、エアコンの選定方法と気流の分配システムについて、2016年10月と11月に、2件の特許を取得しております。
特許取得に裏付けされた高い技術と性能で、極めて高い快適性を実現します。

最近、床下にエアコンを設置する地域工務店や建築家が増えてきています。
考え方はパッシブ冷暖との共通点もあるのですが、ほとんどの導入例は経験則に頼ったシステムで、効果が今ひとつであったり、過剰な断熱性能で効果が補完されているものです。
住宅は規模も形状も一棟一棟異なるため、経験だけでは気流と熱の移動を読み切れません。計画・シミュレーション(予測)・検証・実施を繰り返し、データを蓄積することで初めて理想的な温熱環境をつくり出せるのです。
パッシブ冷暖は緻密なシミュレーションソフトを用いて熱と気流を解き、最適解を求めています。このソフトは大手設計事務所の環境設計の他、自動車エンジンの開発にも使われている評価の高いものです。

熱のシミュレーション

気流のシミュレーション

価格と比較

「パッシブ冷暖®」のPOINTは次のとおりです。
・適正価格で冷暖房に対応。部分間欠冷暖房にも転用可能。
・質の高い快適性の獲得。対流と輻射の冷暖房方式で頭寒足熱。
・光熱費が低価格。(年間4~5万円 ※2014年試算)
・乾燥しすぎず、肌がカサカサしない。
・冬、朝起きる時に寒さを感じない。
・安定した室温により、寝つきがよくなり熟睡できる。
・メンテナンスは通常のエアコンと同じでお手軽。
・機器の交換もエアコンの変更のみでお手軽。

Sansoh Labo

弊社で設計施工した「パッシブ冷暖®」の家を、WEBマガジン「a House of Colla:J(ハウス・オブ・コラージ)」でご紹介頂いた際の記事です。ぜひご覧下さい。(2015年7月7日公開)

>>> パッシブ冷暖の家の紹介ページ

東京で家を建てるなら・・・
新築、リフォーム、メンテナンスのことなど、
ご相談は参創ハウテックへ。 お問合せフォーム -お気軽にご相談ください-


お客様の声
パッシブ冷暖®
現場ライブ
八ヶ岳 SECOND BASE
参創のアフターメンテナンス「家守り」
工務店だからできる創意工夫の宝箱
国の政策への対応実績
工法と素材えらび
Comfort Craft Life
Houzzに登録中の文京区, 東京都, JPのSANSOH HOUTEC Co., Ltd.

セキュアサイトシールは、SSLで安全性が保たれていることを証明するシールです。